事業年度終了届(決算終了届)

事業年度終了届(決算終了届)

建設業許可を無事取得できたといってそれで終わりではありません。
毎年、事業年度終了後4ヵ月以内に事業年度終了届(決算終了届)を提出しなければなりません。

「事業年度終了届出書」が毎年提出されていない場合、5年に1度の更新手続きを行うことができない場合がありますので、忘れずに毎年きちんと提出する必要があります。

1年間の工事経歴書・建設業法に則った形式で作成した財務諸表・納税証明書などを提出することになります。
特に財務諸表については、税理士さんが税務申告用に作成した決算書とは別物ですのでご注意ください!
この建設業法に則した形式の財務諸表を作成するには専門知識が必要になります。
もちろんこの専門知識を持った方が社内にいたり、身に着けたりすれば良いのですが、勉強する手間や身に着けても結局は膨大な書類を毎年作成しなくてはならないことを考えると、建設業を得意とする行政書士に丸投げしていただくのがベストではないでしょうか。

必要な書類

① 変更届出書
② 工事経歴書
③ 直前3年の各事業年度における工事施工金額
④ 財務諸表、附属明細表
⑤ 事業報告書(株式会社のみ)
⑥ 納税証明書(【法人】法人事業税、【個人】個人事業税)
⑦ 使用人数(変更のあったときのみ)
⑧ 建設業法施行令第3条に規定する使用人の一覧表(変更のあったときのみ)
⑨ 定款(変更のあったときのみ)